軽井沢のイメージ

別荘として有名なスポットは全国各地に沢山ありますが、その中でも一番有名なのは、やはり軽井沢でしょう。軽井沢と言えばどういったイメージをお持ちでしょうか。関西圏や軽井沢から遠いところにお住まいの方は、未だに金持ちやセレブの奥様でないと縁のない場所という印象を持ちの方もいらっしゃるかも知れません。実際に昔はそうでした。年に数回しか使わないような別荘所有しているのですから相当なお金持ちだけが集まる。というイメージがつくのも無理はありません。最近は、大学生がサークル合宿で使ったりもしますし長野オリンピック以降は、新幹線も開通し、アクセスも便利になりましたので、一般観光客も増え、ています。

特に、このあたりはプリンスホテルが経営する。施設が多く、駅前のプリンスショッピングプラザにはアウトレットのお店もありますので、買い物のためにわざわざここまで足を運ぶお客もいます。





一般客も多い軽井沢

軽井沢は昔は少し一般人に敷居が高いと思われがちでしたが、最近はテレビや雑誌でもよく紹介されており、観光客が増えていますので、一般向けの観光地としてもよく知られるようになるなりました。特にビジネスホテルや比較的安く宿泊できる宿泊施設も増えていますので、泊まりで遊びに行くのにも悪くありません。軽井沢町内には数ヶ所にレンタサイクルもありますので、自転車をレンタルしてサイクリングも兼ねて観光することもできると思います。

近隣には、レジャー施設やテーマパークも多く、家族連れの方にはおもちゃ王国は大変な人気です。

また、浅間牧場では乗馬体験ができたり、動物と触れ合えたりしますのでおすすめです。

しかし、いくら一般に開けてきたとはいえ、昔から別荘族をターゲットに商売をしてきたお店が多く、今でも一見さんお断り若しくは紹介がないと入れないと言ったお店も多いです。





軽井沢のシーズンはいつ?

軽井沢の気候は、大変涼しく夏の避暑地として有名です。

だいたいシーズンとなるのは、7月中旬ぐらいから8月の終わり頃までです。

日本でもこの一番熱い夏のこの時期を軽井沢はでは、とても清々しい気候の中で、快適に過ごすことができます。

それ以外の季節だというと、基本的に一年中気温が低く、肌寒いくらいです。

ですので、軽井沢がには賑わうのは、夏のこの時期だけです。

個人店などでは、シーズンの時だけ営業してそれ以外は閉めてしまうというようなお店も多いです。

別荘族も年に1回のこの時期以外はほとんど現れません。冬に軽井沢を楽しむとすれば、スキー旅行や温泉旅行などでしょう。軽井沢のスキー場は大変有名ですし、いくつかのスキー場が存在します。

スキーと温泉を楽しむのであれば、草津がお勧めです。

出典:軽井沢不動産ガイド



別荘地の元祖、旧軽井沢エリア

軽井沢にはいくつかのエリアがあります。

別荘の購入を考える人たちは、自分の趣向や目的、予算に合わせて、どのエリアに別荘を持つかを考えます。

軽井沢の中でも、別荘地の元祖は旧軽井沢エリアです。

このエリアから、別荘地が軽井沢全域に広がっていったという、歴史ある場所だけあって、古くから残っている大型の別荘も沢山あり、政界や財界実力者の別荘が数多くあることでも知られています。

軽井沢に初めて別荘を所有したのは、外国人宣教師のA・C・ショーでしたが、その第1号となる別荘が、このエリアにありました。この別荘は一度別の場所に移されたのですが、ショーハウス復元委員会によって、元の場所に復元され、今ではショーハウス記念館として、見学ができる施設になっています。

ショーハウス記念館の入館料は無料です。

開館時間は9時~17時。(木曜日は休館日)旧軽井沢エリアの物件の相場は決して安くないようですが、別荘地の王道と言えるかも知れません。



中古物件で気をつけたいこと

別荘を購入する時、多くの場合は中古物件を購入されるのではないでしょうか。もちろん超大金持ちで、金に糸目はつけないよというのであれば、新しい物件を購入されても良いかと思いますが、別荘というのは必要な時に買って、いらなくなったら売ってしまうというようなものですから、やはり中古物件を買う方が無難でしょう。物件を選ぶときのポイントですが、湿気が多すぎないかとか、周りに虫が大量発生する時期がないか、或いは知人を読んでホームパーティーをやったりして大騒ぎすると、近所からのクレームになりやすいような環境にないかなど、あらかじめ確認しておくべきところが色々あると思います。

せっかく別荘を買ったはいいけど、あれこれい不便を感じたり、若しくは自分の要求を満たせなかったりしますと、せっかく高い買い物をしたのにも関わらず、別荘での生活をエンジョイできないということになってしまうかもしれません。



インターネットで物件を探す

軽井沢で別荘を購入する場合は、知り合いの社長仲間などに詳しい人がいれば、そういった人に業者を紹介してもらえばいいですし、そうでない場合は、軽井沢にある不動産業者をあたるしかありません。

軽井沢不動産のランキングサイト(http://xn--ihqtmz2i227ac5in62b.biz/)

別荘地の物件は頻繁に売りに出されるので、インターネットサイトなどでも物件をみることができます。

よく別荘が売りに出されるのは、昔別荘を購入したが、もう使わなくなったといったような、特に年をとった資産家の方たちが売りたがるからです。

昔は孫も遊びに来てよく使っていたし、自分自身も休みにテニスやゴルフを楽しみに足を運んでいたが、孫も大きくなり、自分も年で動きにくくなって、使わなくなったし、管理費用が無駄になってしまうので処分するという方も多いので、軽井沢の別荘はいつでもよく売られているのです。

インターネットで気に入った物件をみつけたら、まず連絡してみて、手付金を入れるというパターンが多いです。

本来宅建業務上、先にお金を預かるのはNGなのですが、別荘売買の場合、大抵が遠方にいるお客さんの場合が多いので、購入意思を確認する意味を含めて、例外的にこういった事を行っているのです。





不誠実な営業に注意

軽井沢に別荘を買いに来る客層と言えば、当然といえば当然ですが、富裕層の方ばかりです。

しかも超がつく金持ちの方がほとんどです。

数千万円かけて別荘を購入しても、年に数回しか使わない・・・。しかもそれを維持するために、管理費用も色々とかかってくるわけですから、そんなものにお金が使えるといえば、かなり経済的に余裕があるという人達に限られてきます。

軽井沢で別荘を販売する不動産業者には、悪質な業者もいます。

というのは、お金持ちの方は、大きな買物をする時でも慎重になりません。不誠実な営業マンは、どんな欠陥のある物件や、デメリットのある物件であっても、自分の営業成績を第一に考えていますので、上手くはぐらかして売りつけようと考えます。





不良物件を売りつけられないために

とにかく不良物件を売りつけられないためには、気になるところはとことん納得が行くまで聞いておくということです。

不誠実なセールスマンの場合は、上手くはぐらかそうとしてきますが、結論が得られるまで消して引き下がってはなりません。例えば建物に修繕が必要な箇所がある場合は、いついつまでに修理しておきますということの確約を、きっちりとらなければなりません。インターネットなどで物件をみつけ問い合わせをする場合も、電話対応がいい加減な会社に対して、先に手付金を振り込んだりするのはやめた方が良いでしょう。どうしても気になる場合は、現地に直接赴き、商談をしてから決めるのがいいと思います。

別荘購入の場合は直接現地で契約書を交わし、契約が成立したらその場で金融機関等にお金を振り込みに行くというのが一般的です。